カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

今週の目玉商品
アウトレット
Vertigo
RTL-F/cota4RT/4RIDE
RTL-R/cota315R
Evo-2T/4T
Rev3/Techno
TXT-PRO
TXT-ランドネ
TXT以前
TYS125Fシリーズ
SCORPA TWENTY
SY250F/R
SHERCO
OSSA
JTG
TRS
その他(旧車)
XR230 SL230 CRF250
TTR125
OSET
バイクトライアル

カーボンパーツ(&プロテクタ)
レバー
グリップ&グリップエンド
フロントフォークシール
スロットルホルダー
ステップ
エアークリーナー
プラグ
キャブレター&関連パーツ
チェーン
F/Rホイール・スプロケ
サイドスタンド
ブレーキ/ブレーキPAD
クラッチ関係
マスターシリンダー
ツートラパーツ
その他共通パーツ
軽量化パーツ
各種ボルト・ナット
サスペンション

パドック用品
JIT SIE
S3


新着順(最新の商品はこちら)
価格順(値段調整にお使いください)

名前

三谷英明

メモ

タイヤ・ブーツが安い!  皆様よろしくお願いします。


店長日記はこちら

サイトマップ
トライアルパーツ・用品買い取りサービス
携帯メールでご注文の皆様へのお願い。
クラッチアジャストシム Beta
販売価格

150円(税込162円)

購入数

オプションの価格詳細はコチラ

0.10.20.3


クラッチディスク周りの機械的なクリアランス(遊び幅)を調整するシムです。

クラッチディスクの磨耗時及び新品交換時等のディスクの厚みが変化したときに行う調整です。
マスターシリンダー、スレーブシリンダー等の油圧系統の調整とは異なります。
厚みの違う3種類を組み合わせて調整ください(0.1ミリ、0.2ミリ、0.3ミリ)


・マシンの使用に伴い、フリクションディスクの磨耗が進行すると、ディスク、プレート合計の厚みが少なくなり、プレッシャープレートの待機位置が低くなることにより、リフ -ターとの隙間が小さくなります。
この傾向が進行していくと、プレッシャープレートがリフターに常に押し上げられている状態となり、圧着力が不足することによる、クラッチつながり不良が発生します。

・フリクションディスクを新しいものに交換した場合、ディスク、プレート合計の厚みが大きくなり、プレッシャープレートの待機位置が高くなることにより、リフターとの隙間 -が大きくなります。
この為クラッチレバーを握ってもリフターストローク量の多くを隙間を埋める為に使ってしまい、十分にプレッシャープレートが移動せず、クラッチの切れ不良が発生します。

隙間のメーカー推奨値は 0.4ミリ〜0..6ミリ ですがメカニズムの特性上、必要且つ最小限の隙間が理想的です。
Betamotor Japanでは最小値 0.2ミリ に近づけるセッティングを推奨します(実際の手順や目視での隙間量は動画をご覧ください)

http://www.betamotor.jp/support/cluch-ajust.htm


※隙間 0.2ミリ のセッティングを行うと、頻繁な確認、調整が必要です。
※Beta Techno、Rev-3、Evo2Tのクラッチが対象です。
※4サイクルモデルにつきましては、自動調整の仕組みがありますので、この調整作業は不要です。


Check

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける